いつもごらんいただきありがとうございます。 ブログランキングに参加しました!!! みなさん、まずはワンクリックお願いします! IG_ranking.jpg
IG_rightindex.jpg

2014年02月28日

顧客の声

売上減少している時には、反省しなければいけない。

何を反省しなければいけないのかというと、お客様の声を聞くことができていない自分自身を反省しなければいけない。

先日、社長様とお話をしていて私が心に残った言葉です。

売上は、お客様への貢献をあらわす結果です。

お客様へ貢献できていなければ、売上は下がります。

売上の減少という結果から何を原因としてつかみとるかが重要だと思います。

私たちの仕事でも全く同じ事が言えます。

まずは、お客様の言葉を真剣に受け止める事が重要なのではないでしょうか。

真剣に受け止めるということは、お客様の問題に真摯に向き合う事だと思います。

私たちのお客様と向き合う姿勢の大切さを教えて頂きました。





posted by 3人組 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | みっちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

あるべき姿

先日、将軍の日セミナーが開催され、お客様も満員御礼でした。

当社のサービスの中で一番お客様から喜ばれているセミナーです。

セミナーの目的は、自社の将来ビジョンを明確にする事です。

それぞれの社長様が、将来ビジョンを描くことで明るく元気になられます!

一人でも多くの社長様方に将軍の日を体験してもらいたいと心から思います。

目先の資金繰りや、人材育成で悩まれている社長様が、将来ヴィジョンが明確になる事で今日から戦う覚悟が決まり、前向きなエネルギーがフツフツとでてきます。

人間が元気がでない時は、夢や目標をもっていない時だと思います。

社長様の将来ビジョンがあるからこそ、社員が一人ひとりが夢や目標をもてる。

夢があるからこそ、今をがんばれる!さぼらない!

夢がないから、今をおろそかにし、さぼる!






posted by 3人組 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | みっちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

風土

「アップルらしくないね。僕らはこんなに気取ってない」

これは、スティーブジョブズの言葉です。

ペプシコーラの次期社長と目されていたジョン・スカリーをCEOに迎えた時の話。

アップルの共同創業者であるマイク・マークラは、新しいビルにスカリーのオフィスを新設します。

スカリーの部屋は6メートル四方のスィートルームで、特注の家具、大理石のテーブル、趣味の良い絵画が用意されます。

もちろん経営スタッフもすべて新ビルへ移転する計画でした。

ジョブズは新ビルへの移転を拒否します。

「ちっともアップルらしくない。僕らはこんなに気取ってなんかいない」

この言葉には、会社の風土にかかわる重要な意思決定があったのだと感じます。

成功をすれば誰でも、一般的に素晴らしいと言われるオフィスに移ると思います。

しかし、ジョブズはアップルらしさを徹底して追及しています。

その姿勢こそが風土(会社の土壌)をつくり、土壌があるからこそ、従業員はアップルらしい従業員になれると感じます。

そう考えると、社員(種)は悪くありません。悪いのは、風土(土壌)なのです。

極論ではありますが、人はどの会社の風土(土壌)に行くかによって、成長度合いや性格も変わっていくように感じます。

ぜひ良い風土作りをしていきたいものです・・・
posted by 3人組 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

メガトレンド

メガトレンドは事業をする上で見逃せない大きな流れだと感じます。

ここに10のメガトレンドがあります。

それを読み解くのは厳しいかもしれません。

しかし、ピータードラッカーは「すでに起こった未来」と表現したように、不可逆的な時代の流れは捉えておく必要があります。

@環境保護主義

電気・ハイブリッド等の加速

生態系保護ビジネス

農業

A資源をめぐる戦い

エネルギー需要は2010年→2025年(25%増加)

再生可能エネルギー

B人口動態変化

2025年 世界人口80億人へ

先進国の人口減少(労働人口減)と世界人口増

高齢者向けビジネス

長寿化

C人口移動

知的労働者 先進国へ

単純労働者 途上国へ

メガシティの巨大化

D富の再分配

GDPの変化(中国2位 インド6位)

収入の二極化


Eビジネスのグローバル化

グローバル・サプライチェーン(低コストの調達と生産を求め複雑化)

国際政治情勢・歴史問題

Fパワーシフト

中国の経済力拡大

アフリカ・インドの影響力等

G賢くなる個人

情報化社会

消費者の力増加

Hライフスタイル変革

文化の流入

価値観の多様化

伝統的家族関係の変化

女性の役割の変化

Iネットワーキングと生産性

ぜひ、メガトレンドと自分との関係を紐解き、計画に生かしていきたいものです・・・

posted by 3人組 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

将軍様

こんにちは!よんです!

あー、お腹空いた・・・
今日の晩御飯はなんでしょうか??


あ、全然違う話でした(笑)

今日は2月将軍の日(中期5ヵ年計画立案教室)1日目です。
いつもと違って、2月は2日とも満席を超えておりますwww
通常、8社がMAXですが、1日目は9社です!!
いや〜ありがたい!!
遠くは東京から来て頂いている会社様もいました。

で、私、予定になかったんですが進行をしておりました。
今回の進行で気をつけたこと。

「5年後には理想の資金が貯まっているか??」

これまで、損益面を中心に話をしていたんだけど、最近、特に資金について考えさせられる事が多いです。

やはり、貸借対照表(B/S)を見ていく重要性を感じます。
そこで、理想の利益を出した時に理想の資金が貯まっているか?という視点で考えて頂く様に強く訴えました。
P/Lは1年の結果しか表さないけど、B/Sは始まりからこれまでの歴史を現しています。
これからは、B/S経営が求められるのではないかと思います!!

資金を増やすためには・・・

@手っ取り早く、利益(当期純利益)を増やす
A売上債権の回収サイクルを早くする
B支払い債務の支払サイクルを延ばす
C眠っている在庫を売り払う
D遊んでいる固定資産を売り払う

他にも多々あります。それを考える重要性を強く訴えていきたいと思います!!
posted by 3人組 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | よん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

大雪

こんにちは!よんです!

2月も中旬です。
寒いのか暑いのかハッキリしない気温に体調崩しそうになりますが、いかがお過ごしでしょうか?
私、先週の12日は佐賀・福岡、13日は福岡、14・15日は千葉へ行ってきました!

13日から天気が怪しくなってきていて、「あー、ヤバイ気がする・・・・」なんて考えていたら、14・15日と大雪・・・
14日はバレンタインデーでしたが、そんなん関係ないですよね。
いや、雪だから関係ないわけではないんですがね(笑)
それにしても、今回の大雪はかなりひどかったみたいですね。
千葉では、一気に積雪○○cmとかなっていました・・・。
ここはどこですか?って感じでした〜

15日は、予定していたフライトの前便まで欠航でしたが、なんとか長崎まで帰ってこれました。
でも、羽田へ行く道中も人だかりで、14日は「羽田難民」が1600名いたとかなんとか・・・。
無事に長崎空港ついても、帰宅するまでのバスも大幅に遅れるし、満席だしで移動だけで疲れきりました・・・

改めて自然の凄さを痛感させられました。
なんか、今年の冬は例年にないくらいに天候の変化が激しい様に感じます。
この異常気象が何を訴えているのか?しっかりと考えたいところですね。
posted by 3人組 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | よん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

確定申告

いよいよ確定申告の時期になりました!

会計事務所では、年間で一番忙しい時期になります。

忙しい時ほど人材育成のチャンスだと思います。

忙しいからこそ、段取りする力が身につくからです。

1ヶ月という限られた時間で、最高のパフォーマンスをする為にはどうしたらよいのか?という事を考えることで優先順位が絞られてきます。

緊張感がある時間の使い方をします。

このように忙しい時ほど人材が育つ環境があると思います。

忙しい=人から必要とされている=成長できる=仕事が楽しい。

段取り上手になりたいと思います!!



posted by 3人組 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | みっちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

新春セミナー

先日、当社主催の新春セミナーが開催しました。

200名のお客様にご参加して頂き、良い刺激を受けられたのではないかと思います。

私は、刺激を受けました。

東証1部上場 鞄本M&Aセンターの分林会長が考えられる経営哲学を学ぶ事ができました。 

■強い会社をつくる方法@経営理念を持っているか 仕事の目的は明確に持っているか。

“私たちの使命とは何か?”
 経営で最後に迷った時に経営理念に立ち返る「正しいことをしているか!」

A経営はトップ1人の経営能力で決まる 数字力+決断力+スピード 改善・改革するスピードが重要。

B時代の変化に常に対応した経営をしているか 

独自の製品or独自のマーケット
 

付加価値が高い商品・サービスを持つ=顧客満足度が高い

Cあらゆるリスク管理を常にしているか

リーマンショック、大地震、事故、マーケットの変化

D企業の4大目標

@    収益性 A安全性 B成長性 C社会性この5つの視点で長期・中期の経営戦略をもっているのかマーケットの変化を捉えて未来の戦略を考える事をしなければ、会社を存続していけないと思いました。

posted by 3人組 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | みっちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

「視・観・察」

その人の人柄を知るには3つのプロセスがあります。

@その人の外面に表れた行動の善悪を視る

Aその人の行動の動機を観る

Bその人の着地点がどこかを察する

それができれば、その人の真の性質がわかります。

これは、「視・観・察」の三段階法として、論語で紹介されています。

私たちは何を持ってその人が本物かニセモノかを見極めているかと考えると、あまり基準をもってないことに気づかされます。

信じていけない人を信じてしまったり、信じるべき人を信じなかったり。

自分もしっかりと見極めていきたいということもありますし、自分もそう見られていることを考え日々行動していきたいところです・・・

posted by 3人組 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

マネジメント


『18人がアイディアを持ち、二つしか実現できないとすれば、16人が不幸だ。』

ジョブズは、創造的なスタッフの育成に力を入れました。

創造的であればあるほど、個性のあるアイディアを一人ひとりが持ちます。

それを実現することこそが、自己実現であり、やりがいであり、生きがいです。

そのような組織であれば、何時間働いても、心地よい疲れとなります。

ところが、通常の会社では少数の人間のアイディアが採用され、ほとんどはゴミ箱にいれられます。

そうなるとすべての人が創造的である必要がないという風土になり、日々の仕事のやりがいを失ってしまいます。(全てそうだとはいえませんが・・・)

ジョブズのマネジメントは『個』を大切にしていたことが伺えます。

量から質の時代。

質を高めるのは人間です。

人間に着目したマネジメントの重要性を改めて考えさせられます。
posted by 3人組 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。