いつもごらんいただきありがとうございます。 ブログランキングに参加しました!!! みなさん、まずはワンクリックお願いします! IG_ranking.jpg
IG_rightindex.jpg

2014年05月14日

上司

自分を厳しく責める人は、人を責めるときも厳しい。

人に思いやりのある人は、自分に対しても寛容である。

しかし、これはいずも厳か寛に偏っている。

立派な人は、自分を責めるのは厳しいが、人を責める場合は寛容である。

佐藤一斎

自分では自分の臭いがわからないように、自分の行動はわからないものです。

そして、上司として自分がどのように行動しているか?も当然わかりません。

わからないからこそ、自分自身の基準(原則)が必要となります。

自分自身気付かされるのは、部下が失敗したとしたら、まず自分の落ち度がなかった

か?を反省することです。

口で言うのは簡単ですが、自分が出来ているか?は別問題。

何か失敗があったときは、必ず思い出したい言葉です・・・

posted by 3人組 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

片言隻句

安岡 正篤

「人間は短い言葉が大事だ。人間は短い言葉によって感奮興起していく」

といわれております。

続けて

「われわれの生きた悟り、心に閃めく本当の智慧、或いは力強い実践力、行動力というようなものは、
決してだらだらとした概念や理論で説明されたながったらしい文章などによって得られるものではない。

体験と精神のこめられておる極めて要約された片言隻句によって悟るのであり、又それを把握すること
によって行動するのであります」


私自身、だらだらと話すことがあります。

それは自分の血肉になっていない。ということに気付かされます。

本当に自分の血肉になっている言葉はシンプルです。

もっとシンプルな言葉を使える人間になりたいところです・・・
posted by 3人組 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

佐藤一斎

「何事も、まず自分が感動して、人を感動させることができる。」

吉田松陰は師弟を教育するとき、歴史上の主人公になったように、あるときは怒り、あると
きは涙を流したといいます。

その姿に生徒たちもいつしか感動し、学びを覚えたといいます。

相手が説得されるのは、共通の感動を所有したときです。

言志四録 佐藤一斎

教育には「教える」教育と、「育てる」教育があるといわれます。

「教える」教育とは、現在の学校教育のようなもので、知識を教えることだと考えます。

「育てる」教育とは、まさに吉田松陰がしていたような教育だと考えます。

今求められている教育とは「育てる」教育であるのだと改めて感じます。

自分もそのように育てて頂いていると感じるとともに、自分も「育てる」教育ができるように、日々精進したいものです。


posted by 3人組 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

三識

識には三つある。

ひとつは知識。これは人の話を聞いたり、書物を読んだりして得る、ごく初歩的なものであり、薄っぺらである。

これに、経験と学問が積まれて見識にしていく。

さらにその上に実行力が加わって初めて胆識となる。

実務家にはこの三識が要求される。

安岡正篤

これは全てに共通するものだと感じます。

情報化社会の中、知識では知っているけれど・・・

というものが多くなりすぎて、見識・胆識にできているものは少ないことに気づかされます。

知識だけでは価値を生むことはできません。

そして、情報(知識)を如何に見識・胆識に変えていけるか?は自分の選択次第ですので、

知識ばかりを求めるのではなく、知識を如何に深めていけるか?自分の哲学にできるか?

自分自身と戦っていきます。


posted by 3人組 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。