いつもごらんいただきありがとうございます。 ブログランキングに参加しました!!! みなさん、まずはワンクリックお願いします! IG_ranking.jpg
IG_rightindex.jpg

2008年04月30日

若手勉強会@

かなりお久しぶりです


どーものぐです


いやぁ


遅くなり申し訳ございません


月曜日に後継者・若手対象の勉強会を無事開くことができました


今日はこのお話をちょっとだけ


今回は、毎月一回勉強会をしたいという事から、若手三人で勉強会を開こうという話になり、開催に至りました。


開催目的としては、今の所

(1) 後継者・若手経営者の育成、ネットワーク創造の場を提供する
(2) 自己研修の場を創造する(企業の町医者としての研修)


第一回目なので、本当は自分でも納得いく状態になってから開催をしたいと考えたい所


でもとりあえず、行動しなければならないと言う事で、事前準備は若干足りませんでしたが、開催。


みっちゃんは、『今日お客様の所で会議やった。ごめん』と去っていくし、よんも『グダグダになる気がする、、、』と不安気味


しかも、今回の参加者は自分とよんを合わせても4人(泣)


でも、開催←かなり強引


今回の勉強会の流れとしては、


@自己紹介 18:30〜18:40 →けど、来てくださった二人はすでにお知りあいのため割愛

A講義   18:40〜19:30 →今回はのぐより
B休憩   19:30〜19:35 →予定より早く休憩(笑)
Cグループディスカッション 19:35〜20:25 →やっぱりこれが一番盛り上がります!
Dまとめ・発表 20:25〜20:45 →今回はまとめ・発表はできませんでした。。。


てな感じ


講義とディスカッションの内容としては


 

<レジュメ内容>
西ヨーロッパ、アメリカ、それに日本といった経済先進国を中心に、今、歴史的な経営環境の大激変が起きています。この経営環境の歴史的な大激変とは、世界的大競争時代の到来と社会ニーズの質的変換です。時代のニーズは驚くほどのスピードで激変し、その要求の厳しさは、過去のあらゆる常識を根底から覆すものばかりです。
このような厳しい経営環境において、企業は存続のため、社会ニーズの質的変換を捉え、顧客の要求に答え続けていく必要があります。そして、劇的なニーズの質的変換を捉えるには、まず自社の「付加価値」を分析する必要があります。なぜなら、「付加価値」こそが、顧客のニーズを的確に捉えた指標の一つだからです。


質問1
付加価値とは何か?を考えて見ましょう


質問2
付加価値が低下する原因は何でしょうか?


質問3
付加価値低下の対策は何があるでしょうか?


その質問についての討議の前に、のぐが

@付加価値について
付加価値とは?数値から見た付加価値
公式の確認

A業主別の考え方(製造・卸・小売・サービス)
別紙資料有り

B付加価値を使った分析手法
・損益分岐点分析
・労働分配率
・限界利益管理について

C付加価値とは顧客のニーズである
・消費者が付加価値を決める
・消費者行動分析

などについて、講義をさせていただきました

散々でしたので、逆に勉強させていただきました・・・

てか、参加していただいた後継者の方々、、、、、本当に感謝感謝です

そして、これは若手三人組だからこそ開催できたのだと改めて気付かされた会でもありました。


感謝感謝の一日でした!


次回は、どの程度グダグダだったのかをレポートします(笑)




ブログランキングに参加しました!!!
みなさん、まずはワンクリックお願いします(´∀`*)

ランキングをあげることが自分達のモチベーションに繋がります!!
ココをクリッククリック♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
顔出し全国デビューの三人組に、清き一票をよろしくお願い致します

click.gif
【関連する記事】
posted by 3人組 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。