いつもごらんいただきありがとうございます。 ブログランキングに参加しました!!! みなさん、まずはワンクリックお願いします! IG_ranking.jpg
IG_rightindex.jpg

2007年12月20日

採用氷河期?

代打。のぐに代わりましてのぐ。背番号21(←草野球での背番号)


代打の代打。結局自分かよっ。


どーものぐです。


今日はプチ情報コーナー

「採用氷河期」ってご存知ですか?
えっ?
「就職氷河期」なら知ってる?


そうですね。ついこの間まで「就職氷河期」なんて言われていて、就職先がない。。。なんてニュースでやってました。


でも、今は「採用氷河期」。


え?どんな意味だって?


じゃぁ今日は「採用氷河期」についてちょっとだけ。。。

「採用氷河期」とは、就職希望の学生が多くいるにもかかわらず、企業の採用数が少ない「就職氷河期」の反対語。

企業が新しい人材として新卒の大学生を欲しいと思っていても、学生達が応募してくれない状況のこと。

リクルートによると、来春卒業予定の大卒求人倍率は2.14倍と16年ぶりに2倍超え。

さらに、民間企業の求人総数は93万3000人程で、前年よりも10万8000人増加。

その一方、学生の民間企業就職希望者は49万7000人。。。


なにぃ。


93万3000人ー49万7000人=43万6000人


おおぃぃぃ


超売り手市場じゃん


ちぃ。もうちょっと遅く生まれていれば(笑)


冗談はさておき、学生の売り手市場というのは確実。


しかし、学生達も楽観視できない。


なぜなら、国会ねじれ現象が、就職の場でもちゃっかり出てるからです。


売り手市場に見えていて、実は売り手市場でもあるし、売り手市場ではない。


現在、景気が良くなったといわれていますが、正直景気がいいのは大企業と一部の中小企業。


つまり、それ以外の企業は不景気なのです。

学生としては、景気の悪い企業には入りたくない。景気の良い企業に入りたい。というのが一般的。


そこで、企業規模に着目して求人倍率を見てみましょう。


従業員1000人未満の企業(中小企業)の求人総数は73万ですが、就職希望者はたったの17万3000人。求人倍率は4.22倍。


一方従業員1000人以上の大企業の求人総数は20万3000人に対し、就職希望者は26万3000人。求人倍率は0.77倍。


学生達も、中小企業は不景気。大企業は景気が良い事を知っており、大企業への就職を望んでいる傾向が見てとれます。


え?


倍率が0.77なら、大企業に入れない人が出てくる?


その人達が中小企業に入れば、丸く収まるじゃん?


確かに、大企業に就職希望の人達全てが大企業に入れるわけではありません。


じゃぁ、その分中小企業に人材が流れるのか?というと、必ずしもそうではありません。


親の援助を受けれる人達は、公務員の勉強をしたり、専門の資格を取るために浪人するでしょう。

援助が受けれない人達でもバイトをしながら勉強するかもしれません。中には新卒ではなく、準新卒として大企業をねらう人達もいるかもしれません。


偏差値の高い大学になればなるほど、この傾向は強まると考えられます。(理由はお分かりだと思いますので省略)


結果、中小企業に多くの人材が流れてこない。


それほどに、今中小企業が人材を集めることが難しくなっています。


しかしですよ


中小企業こそ日本経済になくてはならない存在。日本経済の基礎を支えている存在。


だと自分は思っています。


そして、学生さん達に誇りを持ってもらえるような、事業目的・理念を中小企業は持っています。


でも、、、


でもね。。。。。


いかんせん、理念を洗練した言葉にできていない。社長が従業員に話していない、話をできない。従業員に伝わっていない。従業員が感動していない。

そりゃ、学生さんたちに感動は伝わっていない。


という可能性大(泣)

 
そんな時は、深く、深く、深く考えるための思考の枠組みが必要となります。


確かに、社長は忙しい。どうしても目先の仕事ばかり考えてしまいがちです。


でも、深く考える事で、未来の大きな利益を得る事ができます。


ぜひ一年に一日でも、深く考える一日を作ってみてはいかがでしょうか?


では明日お会いしましょう。。。

 


ブログランキングに参加しました!!!
みなさん、まずはワンクリックお願いします(´∀`*)

ランキングをあげることが自分達のモチベーションに繋がります!!
ココをクリッククリック♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
顔出し全国デビューの三人組に、清き一票をよろしくお願い致します

click.gif
【関連する記事】
posted by 3人組 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。