いつもごらんいただきありがとうございます。 ブログランキングに参加しました!!! みなさん、まずはワンクリックお願いします! IG_ranking.jpg
IG_rightindex.jpg

2007年12月19日

主体性2

代打。よんに代わりましてのぐ。背番号21(←草野球での背番号)


野球シーズンオフなのに。どーものぐです。


今日は「主体性」についてちょっとだけ。。。


「主体性」って皆様どのようなイメージをもたれていますか?

例えば、従業員を「主体的」な人間に育てなければならない。


というテーマに共感するかと思います。


しかし、改めて「主体性」って何?と問われた時、明確な答えがないのではないでしょうか?


まぁとりあえず辞書をひいてみましょう。


「主体性」:自分の意志・判断で行動しようとする態度。「―のない人」「―をもって仕事に取り組む」 大辞林


うむう。なんか「積極性」と似てます。


じゃぁ「積極性」を辞書でひいてみうましょう。


「積極性」:進んで物事を行おうとする性質。「―を養う」 大辞林


なんか、一緒のものに見えます(笑)

ざ、ミステリー


そこで、今日は「経営人間学講座」を主催されておられる竹内日祥上人のお言葉をご紹介。


「経営人間学」は、今特に自分自身興味を持って取り組ませていただいている自己学習の一つ。とても深いです。


では、ご紹介。


例えば元々私には「主体性」は無いのです。人間もそうですし、全ての生物が、全ての物質に最初から「主体性」はないのです。「主体性」というのは自分と相手との関係性をより良いものにして、相手に対して自分の良い影響力を受け容れてもらえるような自分になりたい。それから、相手が同じように私に何かを訴えてきた時には相手の立場になり、相手の心になって、その訴えたいことを素直に批判しないで受け入れられる自分になりたいという思いや気持ちの事を「主体性」というのです。この「主体性」が出てきたら関係性が良くなるのです。


うむう。


どうも辞書で調べる「主体性」と違う。


しかし、自分はまさに「これだ!」って感じます。


正直、今まで辞書の意味での「主体性」だけでは、絶対にうまく行かないのでは?と疑問に思っていました。


むしろ、自分にとって辞書の「主体性」の意味は、「自己組織性」(自分の中にある自分を成長させ、発展させ、進化させ、強くさせ、強力になる、力の強い持ち主になるための働き)ではないのか?と思っていました。


ざ、カンチガイ


やっと、「主体性」の意味がわかりかけてきました。


とてもすっきり。


そして、「自己組織性」が強いだけではうまく行かない事(当たり前の事ですが)。自己組織性と主体性が合わさって初めて組織にとって最適で、社員にとっても最適な状態であると感じます。さらに付け加えるならば、そこに多様性も含まれてくれば、もっと価値がある事。


さらに、今からの組織は、深い思考を兼ね備えたリーダーを必要とします。


リーダーに限らず従業員も。


もし、そうなれたら、その組織は強いっ!


ちょっと説明不足の所が多々ありますので、実際に受講もしくは、「本」をお読みになってくださいね。


検索したら一発で出ます!


では、また今日お会いしましょう(笑)



ブログランキングに参加しました!!!
みなさん、まずはワンクリックお願いします(´∀`*)

ランキングをあげることが自分達のモチベーションに繋がります!!
ココをクリッククリック♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
顔出し全国デビューの三人組に、清き一票をよろしくお願い致します

click.gif
【関連する記事】
posted by 3人組 at 15:31| Comment(1) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
主体性てのは
「私はこうしたいのです」
と言えるかどうかです

紹介されてる一文は
その方(竹内日祥上人)が「そうしたい」事ですね

それについて言えば、私は「そうしたくない」です。

Posted by ヒロシ at 2009年11月11日 03:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73756156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。