いつもごらんいただきありがとうございます。 ブログランキングに参加しました!!! みなさん、まずはワンクリックお願いします! IG_ranking.jpg
IG_rightindex.jpg

2007年11月27日

佐藤一斎

ふたたび登場
どーものぐです。


今日は堅いお話をちょっとだけ


佐藤一斎って知ってますか?


自分は事務所に入所させていただいてから知りました


では佐藤一斎て何者なの?


と思われた方のために(半分は自分お復習のために、笑)

ちょっとだけ。。。。。

 ご紹介


安永元年10月20日(1772年11月14日)、美濃国岩村藩士の次男として生まれた。1790年から藩の家臣として仕えたが、まもなく林述斎から儒学を学び、1793年に昌平坂学問所に入門する。1805年には塾長に昇進した。その後は儒学の大成者として幕府から認められ、儒学者の最高権威として崇められた。幕府の儒官だったため、朱子学が専門であるがその広い見識は陽明学まで及び、仲間から尊敬をこめて『陽朱陰王』と呼ばれた。門下生は6000人と言われ、一斎から育った弟子として、佐久間象山、渡辺崋山、横井小楠らと、いずれも幕末に活躍した人材たちがいる。また、一斎は常に時計を持ち、時間厳守を第一とする厳格な性格の持ち主であった。

安政6年9月24日(1859年10月19日)、88歳で死去した。


言志四録とは?:佐藤一斎が後半生の四十余年にわたって書いた語録。指導者のためのバイブルと呼ばれ、現代まで長く読み継がれている。
『言志録』、『言志後録』、『言志晩録』、『言志耋(てつ)録』の4書の総称。
佐藤一斎の言葉として有名な「三学戒」は『言志晩録』第60条の言葉である。
2001年5月に総理大臣の小泉純一郎が衆議院での教育関連法案の審議中に言志四録についてふれ、知名度があがった。

「少にして学べば、則ち壮にして為すことあり
壮にして学べば、則ち老いて衰えず
老いて学べば、則ち死して朽ちず」


Wikipedia より抜粋


紹介にもありましたが、『言志四録』の入門の入門くらいを読んでるんですが


いやぁ


凄い本っていうのは歴史から消えないわけだ


ってほんと思います


という事で、ちょっとだけ文章を紹介


『我が友、我が師』


やたらと自分を誉める者がいても、喜ぶほどのことではない。やたらと自分をけなす者がいても、怒るほどのことではない。

誉められて、それが的を射ているならば、その人は自分の友である。一生懸命努めて、誉められたことに応えられるように実を挙げなくてはいけない。
けなされて、それが的を射ているようならば、その人は自分の師である。慎んでその人の教えに従うべきである。


道理にかなっている文章は、とても簡潔


それでいて、深い


 

自分の悪い所を的確に教えてくれる


これほど自己成長させてくれる師はいないです


企業でいうならば、クレームなんてまさにそうですよね

的確なクレーム程、企業にとってありがたい事はないです



そうそう

良く本でクレーム対応は企業の危機管理の優先課題なんて言われたりしてます


確かに、危機対応と考えるのも一つの見方ではあります


でも、心から感謝を込めてお客様に接する事がまず重要であって、マニュアルは次


マニュアル通りに対応されたとしても、真の危機管理にはなりえませんし、企業の飛躍にもつながりません


それは、消極的な危機管理であり、どんなに頑張ってもお客様を納得させることにとどまります


納得させるということは、それ以上でもそれ以下でもなく、という感じではないでしょうか。もちろん、お客様もリピーターとして積極的にそのクレームを出した企業に関わってくれる事はあまりないと考えます


でも

もしお客様を感動させることができて、自社の欠点を見つける事ができて、欠点をプラスに変える事ができたなら、


一石二鳥どころではありません(笑)


と考えると、頭で理解したつもりではなく、マニュアルでもなく、自然と心から感謝を持って的を得たクレームに対応できる思考の枠組みを持った考えって大切


これを理想論と捉えるのも、その人の思考によるものですし


すでに自然とそのような対応をされている方も、その人の思考によるものです


人間は思考の枠組みを必要としている反面、思考の枠組みに支配されている事を忘れがちです(もちろん自分もですが)

もっと自分とはどのような思考の枠組みを持っているのか?


を真剣に考える必要がありそうです



ではまた6日後お会いしましょう





ブログランキングに参加しました!!!
みなさん、まずはワンクリックお願いします(´∀`*)

ランキングをあげることが自分達のモチベーションに繋がります!!
ココをクリッククリック♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
顔出し全国デビューの三人組に、清き一票をよろしくお願い致します

click.gif
【関連する記事】
posted by 3人組 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。