いつもごらんいただきありがとうございます。 ブログランキングに参加しました!!! みなさん、まずはワンクリックお願いします! IG_ranking.jpg
IG_rightindex.jpg

2014年03月26日

佐藤一斎

「何事も、まず自分が感動して、人を感動させることができる。」

吉田松陰は師弟を教育するとき、歴史上の主人公になったように、あるときは怒り、あると
きは涙を流したといいます。

その姿に生徒たちもいつしか感動し、学びを覚えたといいます。

相手が説得されるのは、共通の感動を所有したときです。

言志四録 佐藤一斎

教育には「教える」教育と、「育てる」教育があるといわれます。

「教える」教育とは、現在の学校教育のようなもので、知識を教えることだと考えます。

「育てる」教育とは、まさに吉田松陰がしていたような教育だと考えます。

今求められている教育とは「育てる」教育であるのだと改めて感じます。

自分もそのように育てて頂いていると感じるとともに、自分も「育てる」教育ができるように、日々精進したいものです。


posted by 3人組 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392716797
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。