いつもごらんいただきありがとうございます。 ブログランキングに参加しました!!! みなさん、まずはワンクリックお願いします! IG_ranking.jpg
IG_rightindex.jpg

2013年02月22日

重要性と緊急性

こんにちは。よんです。

昨日、伊万里のお客様に訪問した際の話です。
月初に予実会議を行った際に、ある営業マンの営業案件に目がとまりました。
普段から頑張っている若手営業マンなんだけど、営業案件がなかなか増えておらずに苦戦している様子。
会議も終わり、長崎へ帰る道中も「気になるなぁ〜」と思っていた所、その営業マンから電話が・・・。

「実は、相談があるんです。今度来られる時に時間を下さい」

で、昨日がその日だったんだけど、色々と悩みが出てきました。

営業体制が変わった事営業担当地区のエリアが広がり、「対応型」の仕事しか出来ないという事が大きな悩みでした。
その日の仕事も見えない状態からスタートして、お客様からの電話があって初めて動く事ができるという状態です。

毎月、個人ごとの目標設定はしていて、優先事項もあるはずなんだけど、「対応型」の仕事スタイルにならざるを得ない事で優先事項に時間を使えない事で先送り・・・という状況があるそうです。

その話を聞きながら、頭に浮かんだのは「時間の使い方」

「重要性」と「緊急性」のマトリクスで掛け合わせた時、人はどういう時間の使い方をするか?という話があります。

掛け合わせの結果は・・・

@重要性が高い×緊急性が高い
A重要性が高い×緊急性が低い
B重要性が低い×緊急性が高い
C重要性が低い×緊急性が低い

この4つでどういう順序で時間を使っていますか?
おそらく、@がまず最優先で時間を使っているはずです。
「お客様から依頼されていた重要な依頼事項」を「すぐに」やって欲しいという事に真っ先に時間を使わないといけないです。

さて、ここからが問題。どの時間に多くを費やしていますか??
意外とやりがちなのは、C。
ヘロヘロに疲れて、帰宅。ご飯を食べていると、以前、映画館で観た事がある映画がテレビであっている。
ついつい、見てしまって気づけば2時間経っている・・・。明日も仕事だし、寝なきゃ・・・。
本来なら、帰ってからやるべき事(勉強だったり、次の日の準備等)があったのにこういう時間の使い方をして失敗した経験って誰でもあると思います。(僕もよくやります(笑))

本当に使ってほしい時間は、Aだと思います。
融資の際に必要だからなんて理由で経営計画を作るという事は@になるかもしれないけど、「本来の計画の価値」ってそういう所にはありません。緊急性は低いけど、重要性は極めて高い時間に当たると思います。他にも、社員全員集まって、全社一丸になる為にディスカッションをする等もこういう時間になると思います。

要は、緊急性に左右されるのではなく、重要性を基準に時間を使う事が大事だという事です。

その営業マンにも同じ話をすると、何かヒントを得たらしく、「早速、明日の会議でみんなで今の仕事スタンスについて話し合ってみます!」という事でした。

目先に追われていると、ついつい緊急性に左右される時間の使い方になるけど、余裕を持って重要性の高いものから時間を使いたいものですね。僕も気をつけたいと思います!!
posted by 3人組 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | よん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/324467911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。