いつもごらんいただきありがとうございます。 ブログランキングに参加しました!!! みなさん、まずはワンクリックお願いします! IG_ranking.jpg
IG_rightindex.jpg

2008年08月04日

資源国 非資源国

日本の自動車産業に陰りが出てきています。


今日、日経を読みながら、ふと思いました。


記憶に新しいのは、一時的かもしれませんが、日本・世界を代表するトヨタの失速


また、日本の自動車の保有台数が先進国で初めて0.2%下がり、日本では新車・中古車が売れない。

その上、原油高の高騰による、ガソリンの大幅な値上げ。
国外でも、韓国・中国など新しい勢力が伸ばしてきている。


など、悪い条件が重なっている事も気になります。


しかし、一番気になった事は、資源を持つ国・持たざる国のバランスが崩れつつある事。


鉱物資源の寡占化が予想以上に進んでいます。


寡占化が進めば、資源を持つものが強くなる事は必死。


日本は誰が見ても資源を持たざる国です。


資源を持たざる国ではありますが、資源を輸入し、加工することで付加価値をつける事で豊な国の一つとなりました。


資源を持たざる国も儲ける仕組みがあった。


今まで儲けてきた日本の産業の代表選手の一つに自動車産業があります。


その日本を代表する産業がさらに苦しい立場に立たされるのではないか、、、とても気になります。



 

自動車の主要な原料として、『鉄鉱石』があげられます。


この『鉄鉱石』、実は、たった5社で世界の84.4%を独占しています。


@ヴァーレ(ブラジル) 39.6%

Aリオ・ティント(英豪)24.4%
BBHPビリトン(英豪)   14.2%
Cエルキャブ(スウェーデン)  3.2%
Dクンバ(南アフリカ)    3.0%

   
        5社合計 84.4%


これだけでも寡占市場。


そこに、3位のBHPが2位のリオ・ティントを買収提案


これが実現されれば、38.6%のシェアを誇る第2位の企業の誕生となります。(実際はEU調査次第とのこと。決定ではない。)


寡占化が進むという事は、今以上に強気に価格交渉をしてくる可能性が高く、資源を持たざる国は、苦しい立場にならざるを得ない。


さらに、一度再編が進んでいってしまったら、ある程度落ち着くまで、再編が進むのは必死。寡占はますます広がります。


 
このまま、今までの世界の資源バランスが一気に崩れてしまうのではないか、とふと思いました。


毎日世界で、『劇的な変化』が起きています。

世界的な『乱世』に突入しているようです。

では、また7日後にお会いしましょう。。。



ブログランキングに参加しました!!!
みなさん、まずはワンクリックお願いします(´∀`*)

ランキングをあげることが自分達のモチベーションに繋がります!!
ココをクリッククリック♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
顔出し全国デビューの三人組に、清き一票をよろしくお願い致します

click.gif

【関連する記事】
posted by 3人組 at 21:04| Comment(1) | TrackBack(0) | のぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メッチャ気になるブログですぅ〜♪

エイッ! お気に入りに登録 完了♪
Posted by きよみ at 2008年08月04日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104185560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。